天地が揺れるメニエール病の症状とは|病院で原因究明

医者

めまいや耳鳴りの症状

doctor

辛い症状を治療する

メニエール病はめまいや耳鳴りが生じる症状で、歩くのが困難になるぐらいひどい症状になってしまうこともあります。このメニエール病の原因は、内耳にあるリンパ腫が腫れてしまうような状態となり起こってしまいます。どうしてこのような状態になってしまうのかは、はっきりとした原因は分かってはいませんが、ストレスの関係が強いと見られています。肉体的な疲労や精神的な負担が溜まることで発症しやすくなり、1度発症すると再発しやすい特徴もあるのです。こういったメニエール病は耳鼻科で治療を受けていくことができ、主に薬の服用でめまいや耳鳴りなどの症状を抑えていきます。これで原因となっているリンパ腫の腫れも元通りになり、通常の生活が送れるようになります。ただし、治療が長引く人がいることも確かで、メニエール病の根本的な原因と見られるストレスの軽減が必要です。病院側もストレスの指摘をしていくので、なるべくそれらを抱え込まない生活を送っていくことが大切です。

ストレスとの関係性

メニエール病を発症してしまう人は、30代から40代の若い世代に多く見られます。比較的女性が多いところもありますが、最近では20代の人が発症することも少なくありません。こういった世代は働き盛りの世代で、家庭を持ちながら仕事をする生活がストレスを受けやすい状態にもなってしまいます。忙しさで睡眠不足が続いたり、人付き合いとの疲れから知らぬ間に体が反応してしまうのでしょう。特に女性は、生理で女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、それが原因となるリンパ腫の腫れが引き起こしやすくなるとも言われています。病院ではこのような治療に当たり、十分に静養していくことを勧めます。これがストレスを抑えることになるので、治療中は特に負担となってしまうことは避けるべきです。一種の現代病とも言えるメニエール病は、その原因から見直していかなくてはいけない難しい病気でもあります。

ストレスと生活習慣

カーテン

メニエール病の正体は、内耳でのリンパ水腫ということが判明しています。この原因は、ストレスとそれによる生活習慣と言われています。趣味や運動でストレスをコントロールすること、塩分控えめでバランス良い食生活、十分な睡眠時間で予防、発作軽減を図ることができます。

詳しくはコチラ

ストレスの関係性と解消法

医療従事者

メニエール病の患者の特徴には、女性に多いことと真面目な人がなりやすいところがあります。根本的な原因がストレスとの関係性が疑われるため、病院でも溜め込まずに発散していくことを勧めています。一部の病院では有酸素運動を治療の1つとして指導しているところもあるので、これで心も体も楽になることができます。

詳しくはコチラ

突然起こるめまいとは

女の人

メニエール病は、回転性の激しいめまいが起きる病気です。これは、耳鳴りや耳の閉塞感も伴います。耳の内リンパ液が過剰になることが原因で起こります。ストレス、性格、疲労、気候の変化が病気に影響します。重症化すると難聴になるので早めに治療することが大切です。

詳しくはコチラ